ジャドの由来

12月に入ってから、一度も屋外で写真撮れてません。。。(>_<)
ネタがないので、僕のハンドル名の由来になった「ジャド」というキューを紹介します。

キューとは、ビリヤードで玉を撞く木の棒なんですが、材質や値段は多種多様でして、
ビリヤード場でタダで貸してくれるハウスキューから、職人さんが作るカスタムキューまで
いろいろあります。

僕が使ってるのは、米国のジャドという職人さんにオーダーしたカスタムキューで、そこから
「ジャド」と名乗らしてもらってます。Canonのカメラ使ってるから「キヤノン」みたいなもん。
もっともキヤノンのカメラとジャドのキューとでは、流通量はゼ~ンゼン違いますが。

バーズアイ・メープルにココボロの剣を組み合わせ、サインは『 Judd Fuller 2001 』と入ってます。
a0098145_4472171.jpg

まぁ銘木を使った工芸品みたいな感じですね。こんな木の棒が、サンニッパより高価ですから (^^;
ただ、大事なのはヤッパリ「道具を使いこなす腕」でして、ヘボい奴が高価な道具を使ってると
笑われるのはカメラと同じ(笑)。しかもビリヤードは競技だからはっきりと勝ち負けが出るし(涙)。

写真ならまだ「感性」という逃げ道もあるんですけどね。。。
a0098145_4473323.jpg

ギターとかと同じで、使い込むほどに「味」が出てくるので、ボチボチと頑張って一緒に成長してきます。
[PR]
by judd1229 | 2009-12-15 01:00 | other
<< 次回インパはいつ? F200EXRにハマッてます >>