<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

秋映 ♪

お気に入りさんの、お気に入り (^^)  毒気はレタッチで中和 v

りんごの色出しには、ポートレートのピクスタが合うと知った秋の日。

シャリシャリしてて、アッサリしてて、たいへん美味しく頂きました。


・・・で、たぶん一週間ほど更新出来ないかも。皆さんごめんなさい <(_ _)>

a0098145_16321953.jpg


~ 仕事中に追記 ~
ポートレートのピクチャースタイルは、あなご丼にも合うようです。
こりゃ使えるな~。。。 このハッケンは嬉しい (・∀・)
a0098145_2435394.jpg

[PR]
by judd1229 | 2010-10-21 15:00 | food | Comments(8)
フレアもう1枚

EF70-200mmでのフレア例。これも仕上げた後に「未アップ」フォルダに入れたまま
お蔵入りになる・・・かもな写真ですた。そういうのイパーイあるんよ (^^;

基本的に、II型になって逆光には強くなったのですが、この写真だけはなぜか
派手にフレアが発生しました。前後の写真はそうでもないのに。

フレア効果を強調させるため、肌の階調を飛ばして仕上げてみました。どない?(笑)
a0098145_20535483.jpg

[PR]
by judd1229 | 2010-10-20 21:00 | Comments(2)
フレアコントロール

ちょっと体調を崩してしまって、皆さんのコメントへのレスや記事の更新が遅れてます。
ごめんなさい。。。

土曜に仕上げてた写真。EF24-105mmのフレアを活かしてみました。完全ド逆光ですね(笑)
元々、フレアやゴーストは多く発生するレンズです。最近のデジタル対応レンズ等では
フレア・ゴーストを悪として決めつける風潮がありますが、俺は納得出来ん! (^^;
a0098145_031211.jpg

次に、フレアを出来るだけ消すように撮ってみました。
棒の影が客席まで伸びているので、その影にレンズを入れて撮るとフレアは劇的に少なくなります。

ノーファインダーで下からアオッてるので、カメラと影の位置を調節しながらシャッター切ってますが
普通にファインダーを覗いて撮る場合は、光源と棒の重なりをファインダーで確認すればOK!

あと、たまたまですが光源が中心に来たので、ゴーストも発生していません。
胸の辺りにあるのは光源ではなくてゴーストのようです。ちょっとズレてたのかな?
こっちの方がクリアだけど、1枚目の方が味があるように個人的には感じます。どない?(笑)
a0098145_0391045.jpg

[PR]
by judd1229 | 2010-10-19 23:00 | Comments(11)
リクエスト

けっこうリクエストが多いキャストさんです (^^)

しかし、もっとちゃんと整理せんとイカンなぁ。。。
1日で約1000枚ぐらい撮り、そこから約100~200枚ぐらいを残すんですけど
もう30回ぐらい行ってるので、より絞り込まないと収拾がつかん(笑)
a0098145_191133.jpg
a0098145_191926.jpg
a0098145_192798.jpg
a0098145_193285.jpg
a0098145_19382.jpg

[PR]
by judd1229 | 2010-10-17 01:00 | Comments(4)
色を操る

・・・というと大袈裟ですが (^^;、RAW撮りしておけば結構ムチャ出来るという見本。

イゴールさんの眼力を表現したいのですが、個人的にはこの環境色(ライティング)じゃイマイチ・・・
でも Jpeg だと、オレンジの環境色を大きく変更するのはちょっと無理がある。。。
a0098145_442261.jpg

けどRAW撮りなら、白いシャツをホワイトポイントとして現像し、こんな色に出来ます。
a0098145_4421524.jpg

このままでは血色が良すぎて不気味さが半減するので(笑)より不健康な肌色に変えましょう。
レタッチソフトを使い、上の画像の赤をちょっと押さえて、青を強くすると死人っぽくなりました。
その他、背景のノイズを消したり、チョコチョコと手を加えて完成!
僕はレタッチソフトを使ってますが、RAW現像時に肌色を調整する事も可能です。
a0098145_4422450.jpg

RAW撮りって、連写は効かないし撮れる枚数も激減するので不便ですが、後から調整出来る幅が
メチャメチャ広いので、慣れてしまえば本当に楽です。


一昨日の記事の写真も同じで、Jpegそのままの色だとこんな感じ。
四切ワイド判にプリントするため、原本はこれぐらい広く撮っています。
a0098145_4424670.jpg

青を強調するために、RAW撮りしたデータを色温度4000Kで現像したのがこれ。
a0098145_4425542.jpg

上の画像を元に「R抜き」という記事の手法でR(レッド)の明るさをゼロ、G(グリーン)の明るさを-50にレタッチすると、こうなります。
これはフォトショップエレメンツでも、フリーウェアのGIMP2でも出来る作業です。
a0098145_443950.jpg

[PR]
by judd1229 | 2010-10-16 05:00 | Comments(6)
表現の違い

今回の記事は、実際にショーを見られてる方じゃないと判らないと思いますが・・・(^^;

ディア・モンスターというショーは、Wキャストによって主人公(お嬢様)の演技が
かなり違います。違う箇所はいっぱいあるんだけど、一番判りやすいのが写真のシーン。

スポットに近い照明なので、顔の向きによって影の入り方(印象)が変わります。
照明の位置は動かせないので、普通なら顔の向きを揃えるよう演出家の指導が入るのに
キャストの個性によってあえて演出を変えているのか、それとも演じるキャスト個人の
解釈・表現を尊重し、演出家は口を出さずに各キャストに任せているのか。。。

ここんとこ、演出家の先生に聞いてみたいです。すげー興味ある(笑)
ちなみにアルディラのWキャストでは、演出や表現の違いは感じなかったんだけどなぁ。

全く同じシーンなんですが・・・
a0098145_21481814.jpg

9月29日にアップした写真を再掲
a0098145_21482917.jpg

[PR]
by judd1229 | 2010-10-14 21:00 | Comments(2)
完全逆光

ラグナシアのコートヤード(前エントリのシャワーゴースト写真を撮った中庭)でのグリーティング撮影。

噴水の周りでは地面に白いタイルが埋め込まれてるので、完全逆光で撮っても白い地面がレフ板効果を出して
光が綺麗に回り込みますし、瞳にキャッチライトも入ります。まさに理想的な撮影場所です。

日中、知り合いの女の子を撮る時は、このように地面の白い場所を探して逆光で撮りましょう(笑)
白い丸テーブルがあれば、そこで椅子に座らせての撮影でもOKですよ (^^)/

ただ、複雑な背景が顔にかからないように。顔の周りの背景は出来るだけ「抜く」ほうが良いんだけど
時間勝負のグリーティング撮影では、そこまで構図を追い込めないのが難点。。。 (><)

この写真は、プレゼント用六つ切りプリントサイズでの縦横比になっています。
a0098145_244329.jpg

[PR]
by judd1229 | 2010-10-11 01:00 | Comments(8)
あ~ いそがし

帰ったらブログ更新すると言いつつ、仕事に追われてしまって放置状態です(進行形)。

歯の詰め物が取れてしまって、口をすすぐだけでメッチャ痛いので急遽、歯医者に行ったり。。。
応急処置はしてもらったので、これで一週間乗り切ります。

レタッチというか写真を選別する時間がないので、レタッチいらずの写真を・・・
これが、かの有名なEF24-105mmL(初期型)によるレインボーシャワーゴーストです。

広角端・絞り開放・フードなし・太陽の位置という4つの条件が揃って、初めて姿を現します。
ハロウィンだけに、こういうゴーストの写真もアリかと(笑)

太陽との位置関係がメッチャ微妙で(ちょっと角度が変わるとスグ消える)構図が制限されるのが難点ですが
それでもこれだけ見事(?)なゴーストは、他のレンズでは味わえないでしょう (^^;

キヤノンはこれを「不具合」と認識し、無償交換に応じました。ユーザーがフリーダイアルにTELすると
宅配業者がゴーストの出ない新しいレンズを自宅まで届けてくれて、古いレンズをその人に渡すだけ。

某N社では考えられないような対応ですが(笑)、僕は新しい対応済みレンズとは交換しませんでした。
こんな面白い効果が出るレンズ、手放すのはもったいないよねー (・∀・)
a0098145_2249349.jpg

[PR]
by judd1229 | 2010-10-09 21:00 | Comments(10)
あ~ はずかし2

だいたいさぁ、何が恥ずかしいって・・・30年ほど前に一緒にカメラ買って写真を始めた
高校の同級生の【お姉ちゃん】にまでブログを発見され(略)

美人で僕らの憧れだったのに、僕の部活の先輩に持っていかれて・・・(笑)
泣きながら結婚式に参列したのも、イイ思い出です。

しかもそのお姉ちゃんがUSJ常連で、わかちゃんをご存知で。。。ほんま超恥ずかしいわ (^^;
ガミ君とハヤト君ですね。了解しました(何が)

けど、ハロウィンナイトでのゾンビ仮装、僕にはまったく判別がつきません。
一緒にインパして誰だか解説してください(はぁと

写真はまったく関係ないけど、さなみちゃん(USJではりんちゃん)の朝グリ画像。
こちらは屋外でホワイトバランスそのままでOKなので、写真は差し替えていません。
けどやっぱ・・・色が濃いな (^^;

a0098145_21121630.jpg

[PR]
by judd1229 | 2010-10-06 21:00 | Comments(16)
EF24-105mmの描写力

帰ってきたらブログ更新・・・と言いつつ、またまた画質無視の現地速報画像ですが (--;
ハロウィンショー最後の瞬間。

いつものEF17-40mmF4Lではなくて、今回はEF24-105mmF4Lを持って来てます。

画質的には評判の悪いEF24-105mmF4Lですが、僕は気に入ってます。けっこうシャープに撮れるので。
この瞬間も、キャストさんがグッと前に乗り出してくるのですがピントも追従してくれてるし。。。

伸ばした手がもう少し上なら顔に掛かってしまうのですが、絶妙な位置ですね~。
これはもちろん、僕の技量じゃなくてキャストさんの手腕です。

ちゃんと研究されてる(としか考えられない)キャストさんには頭が下がる思いです。

帰ってからRAW現像をやりなおしました。
まずホワイトバランスを取ってから、微調整でオレンジ色の環境色を乗せています。

a0098145_18453315.jpg

現地ホテルのノートパソコンで仕上げた(ホワイトバランスはオート)最初の画像がこちら。
a0098145_4384297.jpg

[PR]
by judd1229 | 2010-10-06 05:00 | Comments(10)