<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ようせい

マジックの場面は以前に沢山アップしたので、妖精のシーンを。
a0098145_232348.jpg

ブーたろうさんも書かれてましたが、この場面はステージ上の
キャラクターとカブるので、メチャメチャ撮りづらいです。
a0098145_2321696.jpg

これらは四切ワイド用の構図ですが、小さいサイズなら
もっとトリミングしたほうが良いかも。
a0098145_2323159.jpg

[PR]
by judd1229 | 2009-08-26 23:00 | Comments(0)
かいぞく

オープニングのお掃除が終われば、海賊に変身します。
a0098145_7512941.jpg
a0098145_7513657.jpg
a0098145_7514239.jpg

[PR]
by judd1229 | 2009-08-26 07:00 | Comments(0)
おそうじ

今夜は、お掃除わかちゃんをアップ。
a0098145_22232693.jpg
a0098145_22233199.jpg
a0098145_22233728.jpg

a0098145_7253788.jpg

[PR]
by judd1229 | 2009-08-25 21:00 | Comments(0)
久しぶりのインパルケ

先日、3ヶ月ぶりにパルケエスパーニャに行ってきました。
つーかGWの骨折以来 (^^;

わかちゃんにレタッチした写真を渡してきたので、その中から
何枚かアップしていきます。
a0098145_073824.jpg

a0098145_074720.jpg
a0098145_075687.jpg
a0098145_08498.jpg
a0098145_08134.jpg
↑↑↑は、雨天時のグリーティング。

衣装が5パターンあるので、撮り甲斐があります。
[PR]
by judd1229 | 2009-08-24 23:00 | Comments(2)
PhotomatixPro 3.2を試してみた

普段はPhotomatixPro3.0日本語版を使っているのですが、64bitOSに移行したので
英語版の3.2を使ってみました。

日本語版3.0をレジストしている環境なら、英語版3.2も問題なく使えるようです。

ただし32bitOSの場合は、初期設定では同じフォルダにインストールされてしまい
日本語版が上書きされてしまうので注意しましょう。

英語版3.2のインストール時にはフォルダ名を変える必要があります。
例えばPhotomatixPro32(日本語版はPro3だけ)にするとか。

さて、実際に使ってみると、いきなり追加された機能がありました。
HDRイメージを生成するために、複数の画像を読み込む時の画面がこれ。
a0098145_1194860.jpg

レンズの色収差補正と、主にカラーノイズ(と少しだけ輝度ノイズ)を除去するか
選択できるようになっています。これは日本語版3.0には無かった機能。

で、実際のセッティング画面はこうなってます。日本語版ではタブ化されていた
トーン・カラー・マイクロなどが全て表示されてて、弄るのが便利になりました。
a0098145_120435.jpg

ここで注目なのが上から5つ目のSmoothing。日本語3.0では5段階でしか
調整できませんでしたが、3.2ではほぼ無段階でシームレスになってます。
これは便利やわ~。ライトスムージングが微調整できたら、ほんまエエですよ。

日本語版3.0と英語版3.2は同時起動できるので、比較するため並べてみました。
色々なメニュー項目も、日本語版を使い慣れた方なら判ると思います。
a0098145_1201554.jpg

実質、無料で追加できますので、この機会にあなたもどうぞ(^^)v
[PR]
by judd1229 | 2009-08-10 01:00 | HDR | Comments(0)
RAW現像テスト・まとめ

i7-920PCでのRAW現像時間テストのまとめとして、800万画素・1000万画素・1660万画素の
3種類のRAWデータを、それぞれ3種類のソフトで現像してみました。


~テストに使用したデジタル一眼レフ~

Kiss DN (3456x2304 800万画素 容量約9MB/枚)

1D Mark3 (3888x2592 1000万画素 容量約12MB/枚)

1Ds Mark2 (4992x3328 1660万画素 容量約18MB/枚)


~テストに使用したRAW現像ソフト~

DPP = CANON Digital Photo Professional Ver.3.6.1.0

Silky = 市川 SILKYPIX Developer Studio Pro Ver.4.1.20.4

Photoshop = Adobe Photoshop10.0(CS3) Camera Raw Ver.4.6.0.30


EOS40DのRAWデータも試しましたが、画素数・ファイルサイズとも1D Mark3と同じなので
データは1D Mark3のものと一緒にまとめました。

一括処理で10枚連続してRAW現像し、掛かった時間を10で割った平均を算出しています。(BCLK160MHz×21倍=3.36GHzにて)
a0098145_23235689.gif


フォトショップは画素数(ファイルサイズ)が大きくなるほど、スピードが増していますね。
KissDNではDPP比で25%Upなのですが、1Ds2になるとその差が100%Up(2倍)になってます。
これはDPPやSILKYに比べてメモリをうまく使っているという事かな?

また、実際に使ってみて初めて判ったのですが、RAW現像の速度にはCPUのパワーよりも
メモリやHDDアクセスのスピードの方が重要みたいです。ビデオのエンコードなどには
純粋なCPUパワーが必要なのですが、動画と静止画では事情が違うようです。

 #ですからあえてBCLK200MHzにせず、160MHzで省電力・静音化のまま使ってます。

新パソコンでもCPUの稼働率は20~25%までで収まってますから。つまり極端に言えば
このi7-920より4倍遅いCPUでも、メモリやHDDアクセスが仮に同じスピードならば、
現像時間は同じになるかもしれないってこと。言い換えれば、この現像時間の速さは
CPUよりもX58マザーボード&OCメモリのおかげ。

今後、新しいプラットフォームとして今秋にはコアi7-860・来年にはコアi5などが続々と
発売されていく予定ですが、CPUそのものよりもメモリ周辺のスピードに気を遣って
パーツを選ぶと、コストパフォーマンスの良いパソコンが出来上がると思います。(^^)v
[PR]
by judd1229 | 2009-08-03 23:00 | PC | Comments(2)
ビクビクもの

前にも書きましたが、新しいパソコンのケースは上部に20cmの排気ファンが付いてます。
a0098145_230366.jpg

編み目になってる部分からケース内の熱気を抜いているのですが、出せるということは
入ってきちゃうとも言えますので、ちょいビビッてます。

仕事が終わって焼酎の水割りなんぞを飲んでる時、手が当たって左側にコップを倒したら
白いテーブルの上を流れた酒が、滝のように稼働中パソコンのケース内に・・・(>_<)

PC用スピーカーの前に緑色の分厚い和英辞典を置いてブロックしてますが、これで大丈夫なんか?
スピーカーの下には1mmぐらいの隙間があるし。プラ板でも買ってきて机のサイドに2cmぐらい
縦に出っ張りをつけようか・・・転ばぬ先の杖、どないしたらエエやろ。。。
a0098145_2304961.jpg

けどケースにばかり気を取られてると、手前にこぼしてキーボードが水没しそうな悪寒も(^^;
[PR]
by judd1229 | 2009-08-01 23:00 | PC | Comments(0)