<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

バーチャルペインター

以前から、たまに「色鉛筆風」とか「エアブラシ風」な画像をアップしていましたが、そのようなレタッチは
バーチャルペインターというソフト(プラグイン)を使って仕上げています。

バーチャルペインター5のサイトはココ
a0098145_1163727.jpg
これはシェアウェアで、単独で使えるソフトとフォトショップ・プラグインの両方だと5040円ですが、
フォトショップやエレメンツ・Pixia・ペイントショップ等を持っておられる方は、プラグイン版(3150円)だけで充分です
プラグイン版のみの販売は無くなったようです。

無料で試せる体験版は32回までの使用制限が付いてますが、どのような仕上がりになるか見てみるだけなら
(水色のレ印をクリックしなければ)何回でも体験出来ます。つーかメチャ使えますから買って下さい(^^ゞ

上手い使い方は、同じ画像を2枚コピーしてレイヤーで重ねて、上のレイヤー画像だけにバーチャルペインターで
エフェクトを加えます。それから不要部分を消しゴムで消したり、不透明度を調整して仕上げます。

すると、ピーナッツ組の衣装が毛糸になったりします(^^)。ちょっと強引ですが。。。
a0098145_1165466.jpg

レイヤーで重ねて調整する場合は、デフォルムというパラメータを「おとなしく」にしておくと綺麗に重ね合わさりますよ。
[PR]
by judd1229 | 2008-03-28 11:00 | USJ | Comments(0)
約5段分のIS

CANON EFレンズサイト のTOPICSに書いてありますが、EF200mm F2LIS は、
「製品発表時以降、さらに高い手ブレ補正効果を目指した結果、約5段分の手ブレ補正性能を実現」だそうです。

僕のサンニッパISは公称約2段分なんですが、EF70-200mm F2.8IS等の約3段、EF70-200mm F4IS等の約4段と
進化し続けて、ついに約5段ですか・・・(^^;

オリンパスのE-3も公称約5段ですし、このあたりはメーカーの「言うたもん勝ち~」みたいな風潮はありますが、
実際にどれだけ凄いか、近々キヤノンのショールームで試してみたろ(笑)。

けど、現行サンニッパもリニューアルでISが5段分になったら、定価も約20万円ほど上がるんやろうな~(汗)。
手ブレ補正なんか2段分で良いから、価格据え置きで・・・と願ってるユーザー多そうだけど。

記事とは関係ないですが、先日の川崎戦でハットトリックを決めてお立ち台に立つ、ヴィッセル神戸レアンドロ選手。
a0098145_4214482.jpg

[PR]
by judd1229 | 2008-03-20 03:00 | sport | Comments(4)
再レタッチ

昔のRAWデータを再現像 → レタッチして、以前の画像とどう変わってるか比較してます。

今現在の感覚でレタッチを仕上げてから、昔の画像(その当時のレタッチ)を見るんですが、
けっこう違和感が有るというか、「昔はこんな事してたのか~」と、懐かしくなります。

たった1~2年ほどの事なのに(笑)。

例えば、2007年の1月にレタッチした、ニューイヤーウィッシュの写真を使ったブログがこれ。
 ポートレート風2  ← クリックしてみて下さい。

この昔の写真を今見ると、ちょっと肌の緑成分が多いような。。。シャープすぎる感じもするし。。。

スポーツや風景などは、今も昔もほとんど方向性は同じなんだけど、女の子の写真だけは
年々レタッチ手法が変化しているようです俺 σ(^^)

そう言えば、【撮影】手法もだいぶ変わってきてるからな~~。
進化とか成長じゃなくて、ただ単にトレンドっつーかマイブームみたいなもんですけど(^^;

ミユちゃんの瞳は本当は栗色なんですけど、アイシャドー & イヤリングに合わせて
瞳の色もちょっと変えてみました(^^ゞ 出来るだけ違和感ないようにしたつもりですが・・・どう?
僕自身に違和感がないのは、カラコンしてる女の子を見過ぎてるせいなのか(汗)。
a0098145_2342057.jpg

[PR]
by judd1229 | 2008-03-17 01:00 | USJ | Comments(2)
デジタルパフ

もうすぐ春。太陽の下で人物撮影を行う機会も増えてきますが、直射日光下だとコントラストが強くなって
どうしても白飛びする部分が出てしまいます。

ポートレートの場合は白飛びを恐れて影が潰れてしまうと台無しなので、レフ板で影の部分を明るくしたり
色々と撮影時のテクニックが使えるのですが、USJのショー等ではそうもいかないっすよね。

そこで、撮った後からでも白飛びを補正するテクを紹介します。いつものように大したことじゃないけど(^^ゞ
まずは補正する前の作例がコレ。キヤノン・EOS 20D + EF70-200F2.8IS で実際に僕が撮ったものです。
丸レフ使って影を起こしてるんだけど、それでも鼻筋あたりは飛んでますね。
a0098145_0351180.jpg
この写真をフォトショップ(エレメンツでも可)で開き、影になってる頬の部分の色をスポイトツールで選択します。
出来るだけ、頬紅(チーク)が乗ってピンクがかった部分の色を選ぶようにすると、後で綺麗に補正出来ます。

次に、ブラシツールで白飛びした鼻筋の部分を塗っていきます。ブラシのサイズ(直径)は大きめで。硬さはゼロにします。
大事なのが「不透明度」で、これを8%~15%ぐらいにして何度も塗ってやると自然に仕上がりますよ。
濃く一気に塗るより、薄く何度も塗るのがコツです。
a0098145_0353831.jpg
このテクニックは、逆に「影の部分を明るくする」のにも使えます。鼻の下や口角などをちょっと明るくするだけで
かなり印象が華やかに仕上がります。暗くしたり明るくしたり、色々と応用してみて下さい。テカリ補正にも効果絶大(^^)v

↓マウスのON/OFFで違いが判るページ↓を作ってみましたので、クリックしてお試しあれ。
<デジタルパフによる肌の白飛び補正>

このレタッチ例も、効果を判りやすくする為に少々過剰に補正しています。
やり過ぎると、明暗が無くなって顔が平面的になってしまうので注意しましょう。補正も化粧も、控えめがGood(笑)。
[PR]
by judd1229 | 2008-03-13 01:00 | portrait | Comments(0)
レタッチは楽し 2

ちょっと迷ったのですが、下の写真のコメントにも書いたもう一枚の写真をアップします。
レタッチした後にTiff形式で保存していたものを、アップ直前にJpegへ変換しています。

下の写真に比べて、ちょっと色温度を下げてシャープさを出してるつもり(^^ゞ

構図と基本レタッチはほとんど同じなんですが、表情と現像パラメータの違いで
かなりイメージが違ってくると思いませんか?思いませんか?思いませんか?(笑)

   ↓クリックして画像を大きくして見て下さいね↓
a0098145_1355342.jpg

[PR]
by judd1229 | 2008-03-08 01:00 | USJ | Comments(2)
レタッチは楽し

最近、仕事が忙しくて全然休みが取れないんですけど、今日は先方からの指示待ちでした。
朝から待ってたのに、連絡がないまま一日が終わり・・・こんなんやったら外出したら良かった(T_T)

家で待ってる間、溜まってたUSJ写真のレタッチを久しぶりにしてみたら、やっぱ楽しいわ~(笑)。

主にハイライト部の階調の整え方や、色合いを調整する方向性など試してみたい事が色々あったのですが
心ゆくまで試行錯誤できました。…って変な日本語やけど(^^ゞ

改めて感じましたが、やっぱ元画像がしっかりしていないと、いくら必死にレタッチしてもダメですね。
悪い素材(元画像)をレタッチで誤魔化そうとしても、無理がたたって破綻してしまいます。

ノーレタッチでも「どや!」と見せられるぐらいの元画像じゃないと、触ってても面白くないです。
問題は、そんな良い素材はナカナカ手に入らない・・・う~む(汗)。

   ↓クリックして画像を大きくして見て下さいね↓
a0098145_22374115.jpg

[PR]
by judd1229 | 2008-03-02 21:00 | USJ | Comments(4)
過去が撮れるカメラ

今春も、デジタルカメラは新機種が続々と発表・発売されていますが・・・

個人的に一番注目してるのは、カシオの超高速連写カメラですね。
CASIO EXILIM PRO EX-F1

もちろん一眼で動体撮ってる人にとって、この製品が即、戦力になる事は無いのですが
コンセプトとしては非常に面白いというか、思ってた通りの未来がやって来てる気がします。

秒60コマで、ビデオのようにシャッターボタン押してる間の画像が撮れる。
パスト機能で、シャッターを 押す前 1秒間まで遡って、写真を撮る事が出来る。
USJで、「うわっ!今の瞬間撮り逃した!」と嘆く事が、もう無くなりますね(^^)v

「それは本当に写真かい?」と訝しがる方もいるでしょうが、僕は全然アリだと思います。
道具は使いやすい方が良い。道具によって各人の技術差が小さくなるなら、それに超した事はない。
写真の世界に限らず、どんなものでもそうあって欲しいです。

イメージとして、シャッターは【切る】ものから【押す】ものになってしまう。
シャッターを切る必要があるカメラは、クラシックとかレガシーとか呼ばれて好事家のものに。

パンフォーカスで全面にピントを合わせて記録し、後から好きなように合焦点とボケの量を調節出来る・・・
そんな未来は、すぐそこに来ています。

けど、仮にそうなっても、やっぱ 『写真の上手・下手』 というのは歴然と存在するんだろうなぁ(^^ゞ


  # 写真は記事と全く関係ありませんが・・・100%純和風の結婚披露宴会場。宴の前。
a0098145_20262633.jpg

[PR]
by judd1229 | 2008-03-01 21:00 | snap | Comments(0)