<   2008年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

シャッターのタイムラグ

ご存じの方も多いと思いますが、カメラというものはシャッターを切ってから
実際に写真が撮れるまでに、ある程度の時間差(シャッターラグ)があります。

動きモノを撮る場合には、自分のカメラのシャッターラグを把握しておいて、その分早めに
シャッターを切る必要があります。でないと『その瞬間』を狙って撮る事が出来ません。

デジカメになってから、僕は↓のメトロノームソフトを使って訓練しました。
「見るメトロノーム」ソフトのダウンロードはこちら(Windows版)

このプログラムを動かしながら、コンピュータのモニタをデジタル一眼で撮るんです。
Beatは4拍子・Tempoには180と入力し、動くボールが2か3の地点の一番下に来た瞬間を撮るようにします。

シャッタースピードは1/30から始めて、走査線の縞々が出なければ、1/125程度まで速くします。
当然、少し早めにシャッターを切らないと、一番下にボールが来た時の写真は撮れません。

↓の例を見てもらえば判りますが、シャッター切るのが早すぎたらボールは左上に写り、
シャッターが遅すぎたら通り越してボールは右上に行ってしまいます。(18:00 追記)
a0098145_17595831.jpg
実際に試してみると「こんなに早いタイミングでシャッター切るのか!」と、驚かれると思います。

この訓練を積んでおくと、例えばUSJのダンサーさんが「音楽に乗って踊る」動きをしている時に
リズムに合わせてビシッと止まった瞬間の写真を撮れるようになれます。

この「止まった瞬間」を狙って撮れれば、身体の線もビシッと伸びてカッコ良いですし
仮に暗くてシャッタースピードが遅くなっても、ブレの無いクッキリ写真が撮れますよ。

USJ以外でも、例えば花鳥園で飛行調教してる鳥の【翼の形】を狙えます。
↓は、調教員さんにかぶらないように、翼がVの字になる瞬間を狙った写真。
a0098145_1801861.jpg
注:この調教員さんは花鳥園のWebページにも登場されてますので、顔出しOKと判断しました。

タイムラグというのは、カメラによってそれぞれ違いますので、自分の機材に合わせたタイミングを
把握しておく。これが「機材を使いこなす」という重要な撮影技術の一つになります。

自分の愛機は、しっかり使いこなしてあげましょうね(^^)v
[PR]
by judd1229 | 2008-01-30 01:00 | tech | Comments(2)
モニタ調整

写真の色合いを自分のモニタで調整し、掲示板やブログなどにアップしても
他の人のモニタでは、どう映し出されているか判りません。

僕はこの問題についてほぼ諦めてたんですが、たまたま客先の液晶モニタで
この「のうてんき雑記帳」を開いてみて、愕然としました。

1月22日分の京都の塔の写真、バックの影になった塔の朱色部分が、
真っ黒に落ち込んでしまって、色も階調も有ったもんじゃない(>_<)

う~む、ここまで差があるとは・・・。客先のモニタは事務処理用なので
主に文字が見やすいようにセッティングしてあるのですが、それにしても酷い。

このブログを見ておられる方々は、写真を見るための調整をしておられるでしょうから
それほど酷くは無いと思いますが、念のために調整用のチャートをアップしておきます。

黒白それぞれの中に、薄くて一回り小さい四角形が見えるかどうか確認して下さい。

主に、黒枠の中の薄い黒が見えるように明るさを調整し、白枠の中に薄いグレーが
見えるようにコントラストを調整します。見えるか見えないか…程度でOKです。

フォトショップやエレメンツをインストールしてる方は、コントロールパネル内の
Adobe Gammaで調整します。正しく調整されていれば、きちんと見えるはずです。
a0098145_21561162.jpg

[PR]
by judd1229 | 2008-01-29 21:00 | tech | Comments(2)
神戸花鳥園

寒い日が続きますが、こんな時は神戸花鳥園におこしやす。
  神戸花鳥園のWebサイトはこちら

・建物自体が、でっかいガラス温室ですのでメチャ暖かいです\(^^)/
・猛禽類(フクロウ・ミミズク)が、檻越しでは無くて直接見れます(撮影出来ます)(;゚Д゚)
・フクロウの飛行ショウでは、機材の動体AF性能チェックが出来ます(^^ゞ
・花のマクロ撮影も可能ですし、赤い花を撮るのがどれだけ難しいか体験出来ます(>_<)
・ちょい足を伸ばせば、神戸空港で旅客機の撮影も楽しめます ⊂ニ( ^ω^)ニ⊃

撮影のキモは、やっぱ至近距離から直に撮れるだけに「解像度命!」って感じでしょうか。

他の動物園では網やアクリル越しになるので、レンズの性能がスポイルされるのですが
花鳥園では解像度が劣化せずにそのまま写せます。

各社のマクロレンズや単焦点レンズが威力を発揮出来る、ナイスな撮影ポイントですよ。
a0098145_2544949.jpg

[PR]
by judd1229 | 2008-01-24 01:00 | animal | Comments(5)
構図を決める楽しさ

学生の頃にフィルム一眼を使ってた人なら判ると思うんですが、お金が無ければ
なかなかシャッターを切れませんでした。フィルム代・現像代・プリント代・・・
1回シャッター押すたびに、最低50円~100円(当時)ぐらいのコストが掛かりました。

高校生の僕なら1時間アルバイトして、やっと5~6回シャッター切れる…みたいな感じ。

だから、自然とファインダーを覗いて構図を確認する時間が長くなります。
この「ファインダーで構図を決める」という作業そのものが好きかどうかで、
写真が好きになれるかどうかも決まると思います。デジタルになった今でも。。。

この写真は清水寺の舞台手前で撮ったのですが、しっくり来る構図にならなくて
30分近くこの場所でウンウン考えてました。カメラ構えたり、外して両目で見たり
「時間が無いのにヤバイな~」とアセりながらも、心地よい緊張感を感じてました。

その結果、良い構図で撮れた!・・・と言えないトコロが情けないんですけど(^^ゞ

最近、観光地で風景撮ってる人も、動物や花を撮ってる人も、昔みたいに一ヶ所で
粘ってる人が少ないように感じます。デジタルだから、何枚撮ってもタダだから、
「家に帰ってパソコンで良さげな写真を選べばイイや」って考えなんでしょうかね?

人通りの多い場所や、他にも撮影者が居る場所でデ~ンと三脚構えるのは論外ですが
もう少し構図を決める楽しさってのを味わってみれば? って老婆心が顔を出します。
a0098145_2233431.jpg

[PR]
by judd1229 | 2008-01-22 01:00 | snap | Comments(2)
卵に目鼻

先日、メイクさんと話しをする機会がありました。

美男美女に囲まれて仕事をしてるそうなので「どんな顔が好きですか?」と
聞いてみると、個性が無くてのっぺりした顔が好みらしい。

理由は「自分の思い通りの顔立ちに出来るから楽しい」からだって。
あまり個性の強い顔だと、その個性を引き立たせる事しか出来ないので
メイクアップ側の人間が表現できる幅が小さくなる。。。

聞いてて、デジタル写真の色表現とよく似てるな~と感じました。

キヤノンのカメラは(カメラ設定にもよりますが)のっぺりした、立体感の
少ない画像が出てくるように最初は思えます。

しかしこの「無個性」とも言える色の並びは、後から非常に操作しやすくて
撮り手の個性を反映させやすいんです。

カメラ側で個性の強い画像に仕上げられてしまうと、あとがツライからね(^^;

たぶん、色転びが少ないというキヤノンの画像処理が、無個性でありながら
後からのレタッチ幅を大きく広げている要因だと思われます。えらい!

キヤノン最強の「のっぺりキング」EOS10Dで撮った高台寺臥龍廊・・・を
レタッチで自分なりの色表現に仕上げてみたのがコレ。
a0098145_0295550.jpg

賛否両論あるのは重々承知してますが、こういう表現【も】好きです(^^ゞ
[PR]
by judd1229 | 2008-01-20 23:00 | snap | Comments(10)
1Ds3と1Ds2の比較

先日ちょっと予告した1Ds3と1Ds2の作例比較ですが、RAW画像をいろいろと現像してるうちに
なんだか良く判らなくなってきました(^^ゞ

最初は1Ds3の方が白く写った部分の階調性が高いような気がしてたんですけど、パラメータを
出来る限り揃えてみると、どっちがどっちか良く判らん・・・という結果に(汗)。

撮影データはどちらもEF50mmF1.4を付けて、ISO200・SS1/80・F4.0で撮ってます。原本はこんな感じ。
  注:これはフォトショップで現像したので、下の等倍作例とは色味が若干違います。
a0098145_001765.jpg

上の原本画像の赤い枠内を等倍表示したのがこちら。左が1Ds3、右が1Ds2ですが、大きさを同じに
するために、1Ds2の画像をフォトショップにて2200万画素相当にまで拡大しています。
縮小して比較すると、どうしても差が小さくなってしまいますので。
a0098145_00409.jpg

RAW IMAGE TASKという、DIGICをエミュレートするソフトで現像したので、カメラ内部で作成された
Jpeg画像と同じ画質になっているはずです。

最初に感じた程には、明るい部分の階調性に差が無いように思えます。もう少し検討してみます。
[PR]
by judd1229 | 2008-01-15 23:00 | camera | Comments(4)
じっくり風景

写真なんて楽しけりゃそれでエエのですが(笑)、もしも上手くなりたい人がいるならば、
USJの閑散期ってチャンスやと思いますよ。

普段はキャストさんの動きに翻弄されて、二の次三の次になっていた構図やボケ味などを
じっくり考えながら風景を撮るのも面白いものです。

RAWで撮ってみて、しっかり色を確認しながら現像してみる。そうすることによって
今までなおざりになってた肌色表現など、気づかなかった発見があるかも知れません。

もちろん、それを楽しめないのに無理にする必要なんて全然ないんですけどね(^^ゞ
バーバレンタインやユニモン・トトフレ・WWなど、被写体はイッパイあるし。
a0098145_2265937.jpg

[PR]
by judd1229 | 2008-01-09 03:00 | USJ | Comments(0)
書けなかったこと

  あなたはいつも僕に「ありがとう」と言ってくれましたが

  僕はただ、あなたへのお礼をしていただけなんです

  始まりは、いつもあなたからでした

  だから今日は、もう一度だけ言わせてください


   心から感謝の気持ちを込めて ありがとう。


a0098145_2322196.jpg

[PR]
by judd1229 | 2008-01-06 23:00 | USJ | Comments(0)
ウェストレベルはあこがれ目線

USJのほとんどの屋外ショーには、前方の「座って観覧する場所」と、後方の「立って観覧する場所」があります。

「サンタのトイパーティー」というショーでは、僕は後方の「立って観覧する場所」から撮影しているのですが、
その大きな理由は、カメラを上下に大きく動かせるということ。座ってたら、上下には数十cmしか動かせないからね。

カメラを構える位置を上下に動かすことによって背景も変わりますし、被写体の顔のアングルも変わってきます。
かがんで撮影したら、いわゆるウェストレベル(腰の位置)という、ポートレート撮影での基本ポジションになります。

普通に立って撮影するのが、アイレベル(目の位置)。これは少々頭でっかちに写ってしまう欠点があります。
望遠レンズではそれほどデフォルメされることはないけど、標準~広角では胸のあたりから撮る方が自然に写ります。

けどやっぱり個人的には、ウェストレベルあたりから「見上げて撮る」アングルが好きなんですよね。
これを僕はヒソカに「あこがれ目線」と名付けております(笑)。綺麗なお姉さんを見上げるの大好き(^^ゞ
a0098145_21594086.jpg

[PR]
by judd1229 | 2008-01-05 21:00 | USJ | Comments(0)
娘はいない

伊勢海老も、アワビも、からすみも、なんでも揃ってるのに
娘二人が彼氏や友人と正月を迎えているので家にいません(T_T)

せっかく豪華なおせち料理なのに…誰か食べに来ませんか?(笑)
a0098145_16581176.jpg

[PR]
by judd1229 | 2008-01-02 15:00 | food | Comments(4)