<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Lレンズ・カタログ

今年の10月に刊行され、話題を呼んだ「キヤノン・Lレンズカタログ」ですが
12月中旬に増刷が決定し、年末にかけて梅田のSCにも入荷しているようです。

カタログなのでもちろん無料ですが、きちんと製本されてる高級感あふれる物です。
一般のカメラ店には、まず並ばないと思われます。梅田ヨドバシでは、Lレンズを
購入した方にのみ、記念で渡されるそうです。

年明け早々なら、まだキヤノンの梅田SCなどにも置かれていると思いますので
興味のあるキヤノンユーザーの方は、もらいに行かれてはいかがでしょうか?
a0098145_21234177.jpg

[PR]
by judd1229 | 2007-12-30 21:00 | camera | Comments(2)
たんじょうび

今日で46歳になりました。初老です(^^ゞ

けどまだ、なんとか機材を担いでウロウロ出来るので
身体が動くうちに写真を撮っておきたいと思います。
a0098145_1764731.jpg

[PR]
by judd1229 | 2007-12-29 23:59 | other | Comments(2)
アクアルミナス

昨夜、友人と一緒に阪神競馬場の敷地内で開催されてる「アクアルミナス」に行ってきました。

入場無料。三連休でもそれほど混んでなくて余裕で三脚が使えました。見物客は近所の家族連れが主。
混んでたら邪魔になると思い、小型軽量三脚しか持って行ってなかったので、やっぱ微妙にブレてる
写真が多かった(失敗)。来年は本格的な装備で行ってみようと思います。今日(24日)まで開催されてます。

競馬場だけあって、イルミネーションも馬がメイン(^^)
a0098145_11205061.jpg

流れる水の上を走る馬
a0098145_1121814.jpg

絞り開放にして点ボケ
a0098145_11212476.jpg

露光間ズーム
a0098145_18352821.jpg

15分ごとにシャボン玉が舞い上がります
a0098145_11231120.jpg

[PR]
by judd1229 | 2007-12-24 11:00 | snap | Comments(2)
EF14mmF2.8II

以前、5Dとの組み合わせで試し撮りさせてもらったことはあるのですが、
もう一度自分の1Ds2で撮ってみようと、梅田のショールームに出向きました。

やっぱりえぇわぁこのレンズ(笑)。14mmでこれだけ周辺の流れが無いというのも
スゴイですが、何より歪曲がなくて直線がまっすぐ写るのが素晴らしいです。

この写真、普通に見えるけど画角は14mmですからね!
右上の防犯カメラが、思いっきり俺を見つめてるように感じるのは気のせい?(笑)
a0098145_1823982.jpg

言うても定価で32万円超えてて、富士カメラの実売価格が23万円弱。
高いがな~! と思いつつ買う気マンマンな自分が怖い(>_<)。

望遠単レンズは高くても買うけど、広角域はズームで充分だと思ってたのに~。
問題は、いかに描写が素晴らしくても、はたして俺に使いこなせるかどうか。

とりあえず、年末~年始の休みに17-40mmの広角端で色々撮ってみて
自分に14mm単焦点を使う資格があるかどうか、確かめてみます。。。
[PR]
by judd1229 | 2007-12-22 18:00 | camera | Comments(2)
40Dインプレッション

先日、友人から40Dをお借りして少し撮ってみました。

1Ds2と比較して感じたことは(比較するのが間違ってるんだけど(^^;)、

・AFは正確だけど、追従性はやはり一歩劣る
  はっきり言ってここまでAFがビシビシ合うとは思ってませんでした。5D並に良く合います。
  ただし、USJでのショーのようなランダムに動く被写体への追従性は、1D系に比べると
  やはり一歩遅れます(この点も5Dと同じ)。これはAF系統にCPUを2つ使ってる1D系と
  1つしか使ってない5D以下の機種との違いでしょう。一般的な使い方なら、全然問題ないです。

・AF枠を外した時の粘りが無い
  1D系では「AF枠を外した時の追従敏感度」を設定出来ます。僕はこの項目を「遅い」にして
  枠から外れてもAFが粘るようにしてるのですが、40Dにはこの項目が無いので、AF枠から
  外れるとピントが行ったり来たり…。AFが超速いだけに、ピンを合わすのが難しく感じました。
  これも一般的な使い方なら全然問題ない・・・というか、USJでの撮影が特殊すぎ(^^ゞ

・高輝度側の階調保持スゲー!
  今回は、高輝度側・階調優先機能をONにして撮ってみたのですが、それでもJpegでは
  白飛びする部分はフツーに白飛びしてます。フードの中央部分や胸の辺りは、もう真っ白です。
  これはこれで、写真表現としてOKだと思います。1Ds2でもこういう表現をしますし
a0098145_222519.jpg

  ところが、現像時(RAW撮りしてたので)に、ちょっと露出をアンダー側にすると、完全に
  飛んでるように見えた白い部分から、しっかりした階調が見えて来ました。
  これは、高輝度側・階調優先機能に関わらず、40Dの画像処理そのものが階調豊かと言う事です。
  14bit A/D処理というのが効いているのでしょうか? いままで12bitでも14bitでもそれほど
  差はないだろうとタカをくくっていましたが、認識を改める必要アリかも・・・
a0098145_223241.jpg

  デジタル一眼レフでは、白飛び・黒潰れから救済出来ることは多いのですが、APS-C・1000万画素
  クラスのデジタルカメラで、ここまで高輝度側の階調が残っているのはスゲー!です。風景等でも
  RAWでじっくり仕上げれば、かなりの階調表現力が発揮出来るでしょう。

・これで10万円ちょいって・・・安っ!
  その他、秒6.5コマの連写や見やすいファインダーなど、カメラとして非常に良く出来てます。
  こんなカメラが10万円ちょい(価格.comの最安値)で買えるなんて、良い時代っすね(^^)v
[PR]
by judd1229 | 2007-12-14 01:00 | USJ | Comments(6)