カテゴリ:nature( 4 )

まやのやま

リハビリを兼ねて、摩耶山(まやさん)へ行ってきました。神戸ってほんま山と海が近いっす。
a0098145_14105227.jpg


とは言え・・・歩いて登ったワケでは無く、ケーブルカーとロープウェーで楽ちん。
左に見えるのが、美しすぎる廃墟スポットとして超有名な摩耶観光ホテル。
a0098145_1411314.jpg


ロープウェーはフレームしかない開放仕様。ある意味、最凶のアトラクション(笑)
身を乗り出して写真撮ってると落ちそうです。もう怖すぎて誰も乗ってません。
楽しんでるのは、のうてんきな俺ぐらいなもん。
a0098145_14111046.jpg


山頂は、ちょうど今がアジサイの見頃でした。下界よりも気温が5度は低いからね。
a0098145_14112094.jpg


付近の散策路でも咲き誇ってます。アジサイは神戸市の市花なんですよ (^^)v
a0098145_14112763.jpg


ブーケのようなイメージで撮ろうと考えていましたが、難しかったです。
a0098145_14113483.jpg


透過光も狙いましたが、基本アジサイは低い花なので撮影ポジがつらくて・・・
a0098145_14114057.jpg


ちっちゃなハチがいたのでコラボ。シャッター音でスグ逃げるので一発勝負でした。
<この画像はクリックすると拡大されます>
a0098145_14115092.jpg


3枚目の写真、実は大嘘~ (^^)ゞ あれは荷重ゴンドラで一般人は乗れません。
実際に客が乗るゴンドラはコレ。窓の上部が開くので綺麗に風景写真が撮れます。
a0098145_14115858.jpg

[PR]
by judd1229 | 2014-07-20 15:00 | nature | Comments(20)
広角は難しい

最近チームラグナシアの面々が広角を使うことが多くなり、みんな「難しい難しい」とぼやいてます(笑)
けど、広角を難しいと感じるのは写真のセンスがあるからだと思います。ただ単に被写体に向けてシャッター切っても
イマイチつかみ所のない構図になってしまうというのが、ちゃんと判ってるからこそぼやいてるんですよね (^^)v

ツィッターで以下のレベル別一覧をつぶやきましたが、それはテーマパークでも言えることです。
すぐに結果が出る望遠に比べ、道は遠く険しいですが共に頑張りましょう (^^)/


~ 葵武将隊撮影における、レベル別・超広角&魚眼の撮り方 ~

初心者:いっぱい入るのが楽しくてテンション上がるよ!基本は全オートだけど空とか入る時はプラス補正だね!
初級者:AFはイマイチ信用出来ないので距離の目盛りを見ながらMFしちゃうよ!マニュアル露出も使っちゃうよ!
中級者:決めポーズでの集合写真でも「この武将様がメインの被写体!」だってのをちゃんと表現できてるよ!
上級者:メインとなる被写体以外の武将様方には、しっかり「引き立て役」に廻って頂いてるよ! (^^)v

この【 主題をしっかり決めて、それ以外に写ってるモノはすべて主題の引き立て役 】という構想・構図が難しく、
それが「広角を使いこなせれば上級者」と言われるゆえんかも。

<横画像はクリックすると拡大されます>
a0098145_1485897.jpg

[PR]
by judd1229 | 2014-01-28 19:00 | nature | Comments(8)
Out Of Bounds

デジタル写真には、アウトオブバウンズ(OB・OOB)という表現があります。
ゴルフのオービーと同じ単語で、こんな感じに立体的に見せる手法です。

~ 2年ほど前に作ってみた作品 ~
a0098145_571044.jpg

a0098145_5214286.jpg


僕が参加している、flicker の Out Of Bounds (OOB) Creationsには
魅力的な作品がいっぱいアップされています。

僕も、USJのウォーターワールドというショーで流し撮りした写真を
OOB加工してやろうと考えてたのですが、加工どころか撮影にも行けない(涙)。

年間パスポートも更新しないといけないんだけど、割引期間が今月いっぱいまで。
1月中なら12,500円・2月になると22,000円。この差はデカイ。(^^ゞ

Webストアでは買えない事情があるので、ちょい切実です。
[PR]
by judd1229 | 2010-01-27 01:00 | nature | Comments(4)
さくら

この時期、仕事先などで写真が趣味だと言うと、決まって「桜は撮られましたか?」と聞かれます。

登山が好きだと言うと「富士山には登られましたか?」と聞かれるのと同じぐらい、鉄板の返しです。
ところが、個人的にどうも桜には写欲が湧きません。花見は大好きなんですけどね。

桜そのものを撮ろうとすると、どうしても絵はがきになるような有名な桜を狙いたくなるのですが、
そういう桜はベストアングルというのが決まっていて、誰が撮っても同じような写真になります。

桜のある風景・・・というのも、なんか偽善的な演出をした者勝ちみたいな気がして(^^;
めんどくせ~な~と思ってしまいます。

この写真は、一昨年に近所で撮ったものです。「デジタル一眼でも一度ぐらいは撮っておこう」と、
出かけたのですが、フィルムを使ってた頃と同じく、イマイチ気分が乗りませんでした。。。

見てお判りの通り、テキトーな構図でテキトーに仕上げてますね。こういう自分は自分でイヤです(汗)。
いちおう構想としては「黒っぽくなる枝を一本も入れずに、柔らかい色調100%で…」なのですが、
魅力のある写真だとは言えないですよね。だからこれ以来、去年も今年も桜は撮っていません。
a0098145_6503870.jpg

[PR]
by judd1229 | 2007-04-08 07:00 | nature | Comments(0)