カテゴリ:animal( 6 )

神戸花鳥園

閑散期のうちに一度は行きたかった花鳥園。暖房完備だから冬でも快適なのに
体調不良その他もろもろで、結局足を運べずに終わりそうな悪寒。

135mmF2L と 70-200F2.8L2 の撮り比べをしたかったんだけどなぁ・・・
a0098145_171693.jpg

[PR]
by judd1229 | 2012-03-08 01:00 | animal | Comments(8)
カッピーさん

このブログには初登場かな? 僕の部屋の同居人カッピーさんです。

モルモットなんだけど、カピバラに檄似なので名前はカッピー。
コンデジ撮影なので、ピンが甘いのはお許しを・・・(笑)

このカッピーさん、パセリが大好物なので新鮮なのをスーパーで買うのですが
近所の奥様に、パセリを買うトコ見られて

「あらジャドさん(仮名)、料理にパセリを使うなんてオシャレですね~」って (^^;
いや・・・これカッピーさんのオヤツです。とも言えず、照れ笑いしながら会釈。

てか、パセリってオシャレっすか? ここんとこ、いまいち謎。
a0098145_21271699.jpg

[PR]
by judd1229 | 2010-07-10 21:00 | animal | Comments(6)
春の動物園

ベビーラッシュ等で、動物園も賑やかになってきますよ。

王子動物園では、子ゾウ「オウジ」の屋外公開も始まってるし
また年間パスポートを買いに行かなくては。。。

年間パスいうても、3000円だから超安だけどね(^^)v
a0098145_8343382.jpg

[PR]
by judd1229 | 2008-04-04 07:00 | animal | Comments(0)
腹這い

花鳥園で撮った金鶏(キンケイ)の写真です。

狙いは、赤く膨らんだ胸元の羽根の流れと、合焦部のコントラストって感じ。
そのために、ひたすら目にガチピンでフォーカス合わせることに集中してました。
ただ、135mmのレンズでここまで近寄ると逃げられるので、かなりトリミングしてます。
a0098145_17524851.jpg

原本はこちら。思いっきり腹這いになって撮ってます。中望遠で目にしっかりピントを合わせるには
ノーファインダーじゃ無理だからね。 たぶんライブビューでも無理っぽいと思われます。

トリミング前提だったし、手ブレが怖かったので両ヒジをついて水平ポジで構えてます。
この後もっとアップで撮ろうと、ほふく前進でゆっくり迫っていったけど逃げられた~(>_<)
a0098145_1753368.jpg

たぶん、周りで見てる観光客の方々にとっては異様な光景だったでしょうね(^^;
しゃがんで撮る人は多いだろうけど、平気で地面に寝っ転がって、ほふく前進してる
カメラマンなんてあまり見ないでしょうから。

人目を全く気にせずに、バカになってみるのも楽しいっすよ~(爆)。
夏場は汗をかいて泥になるからナカナカ出来ませんが、コートとか着てる冬場はチャンスだ!
[PR]
by judd1229 | 2008-02-23 17:00 | animal | Comments(8)
神戸花鳥園

寒い日が続きますが、こんな時は神戸花鳥園におこしやす。
  神戸花鳥園のWebサイトはこちら

・建物自体が、でっかいガラス温室ですのでメチャ暖かいです\(^^)/
・猛禽類(フクロウ・ミミズク)が、檻越しでは無くて直接見れます(撮影出来ます)(;゚Д゚)
・フクロウの飛行ショウでは、機材の動体AF性能チェックが出来ます(^^ゞ
・花のマクロ撮影も可能ですし、赤い花を撮るのがどれだけ難しいか体験出来ます(>_<)
・ちょい足を伸ばせば、神戸空港で旅客機の撮影も楽しめます ⊂ニ( ^ω^)ニ⊃

撮影のキモは、やっぱ至近距離から直に撮れるだけに「解像度命!」って感じでしょうか。

他の動物園では網やアクリル越しになるので、レンズの性能がスポイルされるのですが
花鳥園では解像度が劣化せずにそのまま写せます。

各社のマクロレンズや単焦点レンズが威力を発揮出来る、ナイスな撮影ポイントですよ。
a0098145_2544949.jpg

[PR]
by judd1229 | 2008-01-24 01:00 | animal | Comments(5)
粘り

サッカー等のスポーツや、USJのようなショーでは限られた時間内での撮影となりますが、
風景撮影や動植物園においては、かなり粘る方だろうな~と自分で思います。

だから風景撮影は、前もってロケハンしておかないとダメなタイプですね。
ロケハンして撮影予定を立てておかないと、最初の撮影ポイントで一日が終わっちゃう恐れが…(^^;

近所に王子動物園があるので良く撮影に行くのですが、ここでも一つの檻の前で30分以上
粘ることがザラにあります。一眼レフで撮影されている方も多く見かけますが、僕のように
一匹の動物を長時間かけて撮影している人は、ほとんど居ないです。

「せっかくカメラ持って撮影に来たのだから、多くの動物をまんべんなく撮影して帰ろう」と
考えている人が多いのかな?
a0098145_8412837.jpg

[PR]
by judd1229 | 2007-04-03 09:00 | animal | Comments(0)