マニュアル作成断念

先週アップしたSAKURAレタッチの「こうやって作る」というマニュアルを
作るつもりでしたが、画像によって前処理がかなり変わるので断念(涙)

とりあえず、基本中の基本である作業行程のみ書いておきますね。

1.元画像
2.元画像をレイヤーにコピーして、バーチャルペインタ効果(これは色鉛筆)
3.色鉛筆効果をかけたレイヤーにのみ、不透明度65%・ガウスぼかし6px
4.レイヤー合成後、Neat Imageでノイズ除去(ぬめっとした効果を出す為)

ただ1の元画像の明るさや色相を変えたり、バーチャルペインタで他の絵画調にしたりと
ほんまちょっと変えるだけで、仕上がりのイメージがめっちゃ変わります。
a0098145_0173878.jpg

[PR]
by judd1229 | 2016-04-25 01:00 | tech | Comments(2)
Commented by tac_0303 at 2016-04-25 23:26
レクチャーありがとうございます。

見よう見まねでチャレンジしてみます。
猿真似ですけど ^^

あと、③で部位(顔とか)によって不透明度を変えるのは有効でしょうか?
Commented by judd1229 at 2016-04-26 15:33
>tac_0303さん
すみません、説明が抜けてました (^^;
3で、顔と手の部分に15%~20%程度の不透明度で
薄~く消しゴムを掛けてます。

これは屋外ポートレートでも同様です。
<< 無償期間終了後にWindows... 春色レタッチ >>