DPP ビッグマイナーチェンジ

Digital Photo Professional 4.4.30 が公開されましたが、ついに表示にGPUを使う仕様になりました \(^^)/

NVIDIAのCUDAに対応するGPUが必要ですが、今売られてるNVIDIA製ビデオカードならまず大丈夫です。
ただし1GB以上のビデオメモリを搭載してること。これもまぁイマドキのビデオカードならOK。
CUDAのコア数は多いほど有利です。せめて384以上が推奨かな?
あ、64bit OSが必須ですが、これは皆さん大丈夫だよね?(笑)

で、早速テストしてみましたが、確かにRAW画像のプレビューは速くなりました。快適 (^-^)

Digital Photo Professional 4.4.30 for Windows
Digital Photo Professional 4.4.30 for Mac OS X

今まで友人向けの写真画像処理用PCは、ほとんどビデオカード無しで組んでいましたが
約7000円プラスでビデオカード追加した方が良いのか・・・悩みますね~(汗)

写真は王子動物園の夜桜ライトアップ。記事とは関係ありません <(_ _)>
<横画像はクリックすると拡大されます>
a0098145_14542169.jpg

[PR]
by judd1229 | 2016-04-08 19:00 | PC | Comments(4)
Commented by imadate1914 at 2016-04-08 19:36
ボクのはどう?
Commented by tac_0303 at 2016-04-09 01:39
写真を見ていたらサクラ餅を食べたくなりました。^^
淡いサクラ色が食欲を誘います。
Commented by judd1229 at 2016-04-09 14:01
>imadate1914さん
キミのも付いてない(笑)
というか、3Dゲームもやりたい!という人以外には付けてないよ。

当時は最低でも15,000円ぐらいしたし、それならその分の予算を
CPUやモニタに割り振った方がコスパ良くなるからね。

ビデオカードが無くても、現像スピードやフォトショの基本機能は同じだから。
Commented by judd1229 at 2016-04-09 14:02
>tac_0303さん
桜の木の枝を構図に入れると、どうしても暗く目立ってしまうので
そうならないような構図にするよう心がけました。

通り抜けで、じっくり立ち止まって撮れないので、複数周回(笑)
1周目でロケハンしておいて、2周目で素早く撮ります。。。
<< 春色レタッチ スローシャッターの限界 >>