フォトショCS6について 4

最後に、使いやすくなった点を書いておきます。

・切り抜きツール内で角度調整が可能に
切り抜きツールの中で、水平・垂直線を指定することが出来ます。
CS5までは、ものさしツールで水平出し ~ 切り抜く必要がありましたが
それが一度で出来るようになりました。傾けて大幅な縮小をする際の、
切り抜き範囲がおかしくなるバグも解消されています。

・切り抜いた範囲が復活可能
CS5までは、切り抜いた周りの部分は強制的に削除されていましたが、
切り抜いてレタッチした後でも、周りを復活させることが出来ます。
僕はほとんど使いませんが(笑)

・原本(巨大)画像の変形がスピードアップ
GPUを効果的に使えるので、ゆがみツール等がサクサク動きます。
500px以上のブラシサイズを使うような場合で効果絶大です。

あとはまぁ、細々した使い勝手の向上程度ですかね。
コンテンツに応じた移動やパッチ、広角補正はあまり使ってません (^^)ゞ

昨日述べたように、ゆがみツールのステップが5倍になってしまったので
CS5は残しておく必要がありますが、それ以外はCS6に慣れ始めた方が
良いのかな? と感じています。
a0098145_9131100.jpg

[PR]
by judd1229 | 2013-04-27 01:00 | tech | Comments(0)
<< しばらくお休みします フォトショCS6について 3 >>