フォトショCS6について 3

まずは使いにくくなった箇所から。

・切り抜きツールの操作性
大幅に変わりました。対処として、一時的に効率は落ちますが慣れるのが一番でしょう。
クラシックモードにチェックを入れると、CS5以前の操作と同じになりますが
常にチェックが記憶されるワケではなく、たまに外れていることがあります。
そういう時には「イラッ」としますね。ユーザーにイラッとさせるようなインターフェースは
あってはならないので困りものです。

・ゆがみツールの半径調整ステップが1~151と5倍に
この改悪のせいで、CS5を残しておく必要があります(怒)
最大径が10倍になったのは評価しますが、ステップが5倍になったら
細かなゆがみ補正は不可能になります。ゆがみ補正は原本で行いますが
それでも50px前後での部分的な補正はよく使うので、この作業のみに
CS5を起動することもしばしば・・・(涙)

次回は良くなった点ね。
a0098145_8374238.jpg

[PR]
by judd1229 | 2013-04-26 01:00 | tech | Comments(0)
<< フォトショCS6について 4 フォトショCS6について 2 >>