新旧ズームレンズ比較

ここんとこバタバタしてまして、TOPにゴミ画像を貼ったまま一週間放置してました(笑)
今回は久々に、撮影機材(レンズ)ネタです。メール等で質問の多かった新旧比較を・・・

自宅の近くに、グレーのタイルを張った大きなビルがあります。距離は約200mぐらい。
グレーなので色収差も判りやすく、レンズ描写のテストによく使ってるのですが、今回も
このビルを比較撮影してみました。
a0098145_10213572.jpg

フルサイズ・焦点距離200mmで撮ったものがコレ。ほとんどのレンズでは中央の方が画質が良く
周辺へ行くに従って解像度などの画質が落ちていきます。ところが人物撮影の場合では、
中央に顔が来ることは滅多にありません。たいてい中央から外れた周辺部に顔が来ます。
a0098145_10215089.jpg

さて・・・新旧70-200mmF2.8の中央部を切り抜いた描写比較画像がコレ。絞りは開放です。
やや旧型の方が甘いですが、この程度なら充分許容範囲でしょう。味の違いとも言えます。

(写真をクリックし、大きく等倍表示してからご覧下さい)
a0098145_102215100.jpg

ところが上の写真で赤丸で囲った部分になると、かなり描写力が違ってきます。
旧型はどうしても像が流れます。ズームレンズの描写力としては、仕方がないトコロです。
しかし新型は、本当に絞り開放かと思えるほどシャープに結像しています。

*この差はフルサイズで現れるもので、APS-Cなら旧レンズでも充分な周辺品質だと思われます。

(写真をクリックし、大きく等倍表示してからご覧下さい)
a0098145_10222631.jpg

昔から写真をやってる者としては、絞り開放でココまで周辺部がシャープに写るのも違和感あるのですが(笑)
これも時代の流れなんでしょうね。どう撮ってもキレイに写るというのはイイ事なんでしょう。

昔(20年ぐらい前)のズームレンズは、今のと比べるとメチャメチャ描写力が悪かったので
ポートレートなどでは使い物にならなかったのですが、最新ズームって、ほんまスゴイわ~。

期間限定で、原本画像をアップしておきます。6~7MB以上ありますので注意。
DPPにて色温度を合わせて現像。収差補正・周辺光量補正は一切していません。
  旧型200mm域 絞り開放 原本    新型200mm域 絞り開放 原本

*追記:旧型でのF11画像を追加しておきます。旧型も絞れば周辺域でも充分使えるかと。
  旧型200mm域 絞りF11 原本





 
[PR]
by judd1229 | 2010-06-14 09:00 | tech | Comments(4)
Commented by yujin-toma at 2010-06-14 15:54 x
これだけ描写力の差があるんですねー

中央部は僕から見たら差がないくらいに見えますが・・・
周辺部は明らかに違いますねっ!

写真を何年も続けていると
こういった部分が気になってくるんでしょうかね?!

僕は、なのたんぱぱにライカのレンズとか他のレンズとかで撮った
色々写真を見せてもらっても違いがイマイチ判りません><
Commented by judd1229 at 2010-06-14 20:09
yujin-tomaさん、こんばんは~。

旧型レンズも、ズームとしたら良くできてる方なんですけどね~ (^^;
デジタルになって、フィルムでは現れなかった収差が非常に目立ちます。
撮像素子とフィルム感光面では、平面率や厚みが違いますから。

個人的に、ライカは固め・ツァイスは柔らかめという印象を持ってるのですが
昨今のデジタル対応レンズになると、僕もさっぱり判りません(笑)
Commented by edogin at 2010-06-14 21:32
なるほどですねぇ
その前のISナシから比べるとここで言う旧はスゴイ進化したレンズだと思ってましたが、確かに違いが歴然。
これは蛍石効果なんですか!?
とは言え、新型に手を出す予算など到底ないし、APSHの室内スポーツ撮りでは旧でも十分なのかな!?って新型を触らない限りは思うことが出来そうです(^^)
Commented by judd1229 at 2010-06-15 01:43
edoginさん、こんばんは。

周辺画質の違いは像面湾曲収差の差なんですが、蛍石のおかげなのかな?
レンズコーティングの進化もあると思います。

こういう画一的な被写体で見比べるから、差を感じるのであって
普段使いの人物撮りなどでは、まず判らないかも知れません。

ちなみに収差については、このサイトが詳しいです > ALL
http://www.olympus.co.jp/jp/insg/ind-micro/terms/classification.cfm
<< 人物写真での新ズーム解像度 センサークリーニング >>