センサークリーニング

1D4での撮影枚数も5000枚を超えたので、センサー汚れのチェックをしてみました。

電源のオン-オフ時に自動センサークリーニングしてくれるので、さほど大きなゴミは
付いてないだろうと思ってたのに・・・F8でも判る大きなゴミが付いてるやん! (^^;

絞りをF32まで絞り込んだ時の、等倍切り出し画像です。
これだけデカいと、そりゃF8でも写り込むよなぁ。。。
a0098145_411089.jpg
画面の左上なので、画像素子上では向かって右下になりますね。
この位置に出る大きなゴミは、ほぼ間違いなくシャッター機構から出て来るものです。
手動クリーニング状態にしてブロアでシュポシュポ吹いても、ビクともしない。。。

シャッター周りから出てる、粘着性のあるゴミということは、油を含んだ汚れなのか、
ひょっとして油そのものなのか・・・(゚Д゚)ちょっとガクブル

まぁ、キヤノンのセンサークリーニングキット『SCK-E1』でペタペタすると
簡単に取れたので、油を大量に含んだ汚れではなかったようです。
a0098145_411829.jpg
1D系の薄いローパスフィルターでは、やはり自動クリーニングだけでは不安ですね。
 (1Ds2では、そりゃ~苦労しました。1万枚を超えるまでは内部から出るゴミとの闘い)

レンズ交換時に入るようなホコリは自動で取れるでしょうが、内部機構から出るような
ゴミもあるので、撮影旅行にはクリーニングキット必携の予感。

 #ちなみにこの『SCK-E1』、慣れると非常に素早くゴミ除去が可能です。
 #コツは押しつけすぎないこと。力を入れると油脂を含んだゴミの場合
 #ローパス上で潰して広げることになりますので。力を入れなくても
 #ビックリするぐらい良く取れます。カタログにも全く載っていないし
 #カメラ店にも置いていない謎のアクセサリーですが(笑)オススメ。
 #ただし、くれぐれも自己責任で!
[PR]
by judd1229 | 2010-06-08 01:00 | camera | Comments(2)
Commented by edogin at 2010-06-09 00:01
私は有償でもSCに持って行っちゃいます。
その自己責任って言葉に弱いので(苦笑)
内部からのゴミってのもあるんですねぇ。
レンズ交換頻度高いし、私のも5000枚になりましたから、そろそろだなぁ・・・・
Commented by judd1229 at 2010-06-09 08:01
edoginさん、こんにちは。

「自己責任」という言葉に弱い人は、逆に大丈夫だと思いますよ (^^;
イケイケドンドンな性格の人が、勢い余ってやり過ぎちゃうのでしょう。

僕も、実は非常にビビリ~です。だから少しでもアルコールが入った時は
いくらウズウズしても、絶対にメンテナンスはしないようにしてます。
酒の勢いで、カメラを構いたくて仕方ない時も多いんですけど(笑)
<< 新旧ズームレンズ比較 遠近感 >>